ジムに週一しかいけない・・・ 考えるべき対処法

賢く体を鍛える

仕事忙しすぎて週一しかジムにしっかり通えない・・・私は以前そうでした。

 

その時に「週一のジム通いで成果を出すサイクル」をどうにか考え出し実践していました。その内容をシェアしたいと思います。

 

週一しかいけないジムの位置付け

まず週一回しかジムにいけない場合、その一回をどんなにハードにやっても、それ以外の6日間何もしなければほとんど効果はないです・・・

 

だからといって「ジムなしで全て自重に切り替える」のが最善とも限りません。

 

少なくとももし週一は行けるのであれば、「週に一回はいつもより遥かに高負荷のトレーニングができる」ということになります。

 

これこそがジムに週一しか行けない場合の正しいジムの位置付けです。

 

ジムは「週一回のスパイス的要素」として捉えるべきです。

自重を基本に据え、ジムをスパイスとする

ですので自宅での自重トレーニングが基本となるわけですが、ここでかつての私もそうでしたが往々にして間違いを犯します。

 

その間違いとは、

 

自宅でのトレーニングに「休みの日」を作ることです。

 

「超回復を起こすためには最低1日は休まなきゃダメじゃないか」というのはジムでの常識です。

 

あくまでジムでのトレーニングの常識です。

 

ジムでのトレーニングが週一しか行けないのに残り6日の自重トレーニングにまでそのルールを適用してはいけません。

 

そもそもどんなに頑張っても自重トレーニングはジムでのトレーニングほど負荷がかかりません。

 

なのである程度の回数、そして何より毎日やることが大切なんです。

 

そもそもジムでのトレーニングと自重トレーニングを組み合わせで行う場合、自重トレーニングのウェイト感があまりにも軽いため、往々にして「あれ、いつやったっけ」となり、ルーティーンとして定着させるのが難しくなります。

 

できるだけ何も考えずとも成立するサイクルを構築すべきなのです。

 

そのために最もおすすめする方法が「週6日自重トレーニングを毎日の習慣として短時間行い、週1回ジムにて最大負荷に挑戦する」という方法です。

ツールを本格活用できれば自宅のみ完結の可能性も

以上が私がかつて実践していた方法ですが、今はかなり状況が変わってきているといえます。

 

ツールさえ揃えられれば正直ジムはいらないのではないかと。

 

ツール、つまりEMSですね【参考記事:Alpha active EMSスーツの価値【質・時間・コストの3点全ておすすめ】

 

EMSの中にもすごいのがあってとうとう最近は主要な筋肉を全てカバーできる「EMSスーツ」というものも登場しています。

 

「EMSスーツで武装し、自重トレーニングをこなす」というのが、時間効率面から考えれば今や間違いなくトップに来ると言えるでしょう。【参考記事:Alpha Active EMSスーツの効果と最安値



まとめ

以上がジムに週一回しか行けなかった私が実際に心がけてトレーニング習慣を保っていた方法と、最近の動向による新たな可能性についてでした。

 

忙しさの中でも日々理想に迫っていける、エキサイティングな日々が送れますよう、願っています!

タイトルとURLをコピーしました